ホーム戻る

なかの障害者就労支援ネットワークとは?
就労支援活動
共同受注活動
会員施設・作業所のご紹介最新情報(会報誌up)
リンク集
Mail
なかの就労支援ネットワークNews

2001年 4月
平成13年
NO.7

発行:なかの障害者就労支援ネットワーク事務局(佐藤・堀江・吉田・小川)
中野区障害者福祉会館事業係内
〒165-0025 東京都中野区沼袋2-40-18 
TEL (03)3389-2171 FAX (03)3389-2175
contents
1.こんにちは! シリーズ (第3回)
2.就労支援者派遣事業の実践から報告
3.障害者雇用機会創出事業のご案内
4.報告:東京都包括支援事業
5.とぴっくす!
6.ネットワーク会議要約(11回目、12回目)

就労支援ネットワーク会議要約(11回目、12回目)

第11回   1月23日開催 

◆東京都包括支援事業「就労支援システム」のPC設置事業所について

◎PC設置事業所確定(障害者福祉事業団、第4杉の子作業所、愛成学園、あとりえふぁんとむ)
◎ホームページに作成について(構成と原稿、作成スケジュールなど)

◆共同受注についてと搬送の確保について
◎車はあるが運転手がいないという問題もあるが、できる範囲で協力し合える体制をとる

◆緊急雇用補助事業特別交付金事業(雇用支援者養成・派遣事業)について
◎第2期の4名が12月から講習が始まり1月から主に知的・精神の就労支援活動に関わってもらっている。

◆情報提供、その他
◎Newsの配布方法と配布先及び次回の施設紹介担当施設を決める、Aふらんきの見学から中野でできること課題などについて意見交換をする

第12回  3月23日開催

◆雇用情報連絡会(仮称)の設置について
◎雇用就労情報をネットワークの就労の実務担当者レベルで共有したい。各施設の利用者の就労支援に役立てることを目的に検討する(ニコニコ事業団で案を検討)

◆東京都セルプセンターへの加入について
◎授産活動活性化の東京都の取り組み(H13、14年度)については東京都セルプセンターが主体的に行う。なかのネットワークもセルプセンターへの加入を検討してはどうか。加入することを前提に詳細を検討する

◆これからの入所調整について
◎入所調整のあり方については、H13年度に区内で検討会を設置し検討して行く予定

◆情報提供
◎ネットワーク運営会議実施要綱の改正について、緊急雇用補助事業特別交付金事業(雇用支援者養成・派遣事業)経過報告、ネットワークのパンフレット作成、共同受注の実績報告、就労支援システムの報告、News(Vol7)の発行など

編集後記

 あれほどまでに待ち望んだ21世紀も淡々とやってきました。街並みも桜からつつじへ、そしていつのまにか若葉の香る季節を迎えて、ふっと心地よい風が頬をよぎり「ほっ」とする一瞬、心が和みます。
  なかの就労支援ネットワークも3年目を迎え、それぞれが主体的な関わりを持ちながら一人でも多くの障害のある方の就労支援を粘り強くやっていきたいと思います。(^_^*)

イラスト

ホーム戻る