ホーム戻る進む

なかの障害者就労支援ネットワークとは?
就労支援活動
共同受注活動
会員施設・作業所のご紹介
最新情報(会報誌up)
リンク集
Mail
なかの就労支援ネットワークNews

2001年 4月
平成13年
NO.7

発行:なかの障害者就労支援ネットワーク事務局(佐藤・堀江・吉田・小川)
中野区障害者福祉会館事業係内
〒165-0025 東京都中野区沼袋2-40-18 
TEL (03)3389-2171 FAX (03)3389-2175
contents
1.こんにちは! シリーズ (第3回)
2.就労支援者派遣事業の実践から報告
3.障害者雇用機会創出事業のご案内
4.報告:東京都包括支援事業
5.とぴっくす!
6.ネットワーク会議要約(11回目、12回目)

とぴっくす

 ネットワークについて平成12年度の決算特別議会で質問があり、議員と区側(福祉部長)との間で次のようなやりとりがありました。(Q:公明党高倉議員 A:沼口福祉部長)

 Q1.緊急雇用対策の事業効果と今後の事業継続について、区はどう考えているか。

 A1.区は障害者福祉事業団に委託して就労支援者派遣事業を実施してきた。
  昨年6月から半年間の実績では職場開拓が71件、就職者が3人であり、一定の成果をあげていると認識している。この事業は平成12・13年の事業である。それ以降は事業の成果を踏まえて、国・都の制度の活用をはかり継続できるよう検討して行きたい。

 Q2.就労支援ネットワークについては、中小企業との結合をどのように進めるのか。

  A2.就労支援ネットワークは現在、福祉施設の関係者で構成しているが、今後は、商店連合会・法人会・商工会議所等と積極的に意見交換を行い、事業への協力を求めていきたい。

 就労支援ネットワークの動きが注目されています。今後も積極的に協同事業を展開すると同時にホームページ等を通じて積極的に自主製品や受注のPRをして認知度を高めていく必要があります。


ホーム
戻る進む