なかの障害者就労支援ネットワーク  
ホーム戻る

なかの障害者就労支援ネットワークとは?
就労支援活動
共同受注活動会員施設・作業所のご紹介
最新情報(会報誌up)
リンク集
Mail
なかの就労支援ネットワークNews 1999年5月
平成11年
NO.1
発行:なかの障害者就労支援ネットワーク事務局(佐藤・浅野・堀江・小川)
中野区障害者福祉会館事業係内
〒165-0025 東京都中野区沼袋2-40-18 
TEL (03)3389-2171 FAX (03)3389-2175


就労支援ネットワークが発足しました

 4月16日、13時30分からスマイル社会活動センター多目的室で内田福祉部長をお招きしてネットワークづくりのための会合が開催されました。
 ネットワーク発足のきっかけは昨年の9月、障害者福祉事業団の呼びかけで区内の障害者の福祉的就労施設が集まり就労支援体制づくりについて話しあいの場を設けたことにはじまります。
 それをうけて障害者福祉会館の提案で区内全体の福祉的就労施設が連携していくためのしくみについて話しあう準備会が発足しました。
 準備会のメンバーは障害者福祉事業団、コロニー印刷、杉の子作業所、中野養護学校、区立中野福祉作業所、同弥生福祉作業所、障害者福祉会館です。
 準備会ではそれぞれの施設の事業内容を紹介しあった後、困っていることやこれからやってみたいことについて意見を交換しました。
 その結果、

もっと障害者一人ひとりの能力や要求にあった就労の場が確保できないか
仕事が無い施設に余裕のある施設から仕事がまわせないか
共同で受注できないか
企業就労を専門的に指導する機関が欲しい

などのさまざまな意見がだされました。そして、福祉的就労施設は多くの共通の課題をかかえていることがわかりました。事業所間のコミュニケーションが良くなれば解決できるものから、多くの事業所の協力が無ければ解決できない問題まで、課題は山積しています。
 そこで、お互いの連絡と協力のためのしくみ、ネットワークをつくることになりました。名称はあらゆるかたちの就労を支援するという意味で就労支援ネットワーク としました。
 運営の基本方針は「できることからやっていこう」「まずアクションを起こしてみよう」です。
 役員は準備会議の推薦が満場一致で採択され、会長に中野区愛育会会長の鈴木田鶴子さん、事業局長を兼ねる副会長に障害者福祉事業団事務局長の今村和夫さん、もうひとりの副会長にコロニー印刷所長の勝又和夫さんが選ばれました。
 参加団体は障害者福祉事業団、コロニー印刷、コロニー中野、第1〜第4杉の子作業所、中野養護学校、区立中野福祉作業所、同弥生福祉作業所、障害者福祉会館、障害者福祉会館生活実習係、愛成学園、東部福祉作業センター、スマイル社会復帰センター、あとりえふぁんとむ、すばる工房、すばる作業所です。
 次回は5月25日(火)15時30分からスマイル社会活動センターの会議室で活動計画が話し合われる予定です。お問い合わせは3389-2171障害者福祉会館事業係まで。


事務局員を募集しています

 ネットワークをしっかり運営していくため障害者福祉事業団の今村事務局長に責任者をお願いして、事務局員は参加している事業者から出していただくことになっています。準備会議のながれをうけて障害者福祉会館事業係が引き続き事務局員をつとめさせていただいていますが「できることから やっていこう」を実現するため手を上げてください。(連絡は5月10日までに事務局3389-2175へ)


ホーム戻る